長文問題の精読、速読について(現代文・英語)

こんにちは!
今日は長文問題について、
精読(現代文・英語)と速読(英語)の二つのテーマに分けて話したいと思います。 

 

 

精読していたら時間が足りない(現代文、英語)

現代文や英語の長文を読んでいて「時間が足りない!!!」となっていて
困っている方、いませんか??
今日はそんな悩みの解決方法を紹介します。

 

①読むスピードを上げる

このために重要なことは2つ!
1つ目は「音読」
音読をすることによって「文字を認識できるスピード」を上げることに繋がります。
現代文でも、意外と読んでみると遅いかもしれません。

2つめは「知っているテーマを増やす」
知っている文章の方が、理解が早くなり、読むスピードも必然的に上がります。
参考書や、そのほか問題集をこなして増やして行きましょう。

 

②解くスピードを上げる

問題を解くに当たって「どのあたりを精読すればいいか」
を見極められれば、読む時間は圧倒的に短縮できます!
例えば、選択肢が英語で書かれている問題でも
「間違いを決めるルール」は決まっています。
(主語が違うとか、意味が逆、とか!)

 

問題を解くに当たって重要なのは「精読する」ことではありません。
「すべては精読できない」という意識の元に「何を精読するか見極め」、
問題を解くことが得点源になる重要なことです。

目的を履き違えずに問題に取り組んでいきましょう!

 

速読力をつける多読(英語)

「速読力は多読で!」とは言いますが、
どのような英語長文を読めばいいか、わからないですよね。
その英語長文について紹介します。

 

まずは多読に関する注意です。
多読はただ数をこなせばいい、というわけではありません!
SVOCをしっかり理解して精読できることが基礎に必要です。

 

「英語長文が早く読めない」という前に、読みたいレベルの文において、
SVOCの理解ができているかを確認しましょう。
もしそのレベルに自分の理解が追いついていなければ、
以下の対策をしてみてください。

 

SVOCを全て振って「1日1文」や「2日1文」ペースで精読。
精読した長文を多読しましょう。

 

自分のレベルにあった長文を多読して、速読力を身につけましょう!!

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

お電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ