【教務ブログ】運と努力と複素数とラーメンマンと

お待たせしました。SBIです。

もうタイトルが何だかよくわからないことになっていますね。

でもこれらが全てつながる話です。

 

 

SBIは数学が苦手でした。

現役の時はセンターで100点くらいでした。

それが浪人して、平均140点くらいにはなっていたはずです。

調子のいい時で160点に乗るかという成績でした。

もちろんセンター数学に対しては、かなり時間を割きました。

同じ問題集を何回も何回も繰り返しました。

今になって考えると、武田塾の「自学自習」と同じことをしていたわけですね。

 

ですが、どれだけ努力しても苦手なものは苦手で、

上記の数字が現実だったわけです。

さて、センター本番がやってきました。

数学はⅠAがやたら簡単でした。

確率は樹形図を描けば何とかなる数が分母でした。

そしてまだあの頃は数列がAに含まれていましたが、

よくわからないので、今は亡きコンピューターという問題を選びました。

中学レベルの英語がわかれば、満点が狙える範囲でした。

 

さて、最も苦手なⅡBの時間が来ました。

なんと、半分ぐらいよくわからなかった「指数・対数」が出題されませんでした。

三角関数と微分は計算力で何とか乗り切りました。

 

今更述べるのもなんですが、センターは各大問の問1を解き、

その答えの数字を使って問2を解き、その数字を使って問3を解くのが常道でした。

ベクトル・複素数・確率分布・コンピューターの4つから2つを選ぶ形式でした。

模試の時は、4つの中から簡単な2つを選んでいました。

で、本番ではとりあえずコンピューターをやり、

あと一つはどうしたものかとなりました。

 

ベクトルと確率分布はみたところ7割程度なら取れそう。

一方、複素数は問2と問3が解けそうでした。

ところがいくら考えても問1が解けそうにありません。

ですが、ずっとうんうん考えていてもしょうがないので、

意を決して複素数をやろうと決めました。

 

〇√□というのが解答欄でした。

ですので、2√3にしてみました。

するとどうでしょう。

問2も問3もケタ数に問題が生じませんでした。

もう悩んでも仕方ないので、そのまま出しました。

全部合っていました。

 

本番で自己最高の9割超えを果たしました。

なぜ2√3にしたかというと、多くの複素数の問題を解く中で、

正解として多いのが、2√3と-√2だったという経験をしてきたからです。

 

保護者世代の方にしか通用しないとは思いますが、

マンガ「キン肉マン」の超人オリンピック3位決定戦で、

ラーメンマンは叫びました。

「キン肉マン、ロビンマスクから逃げるな。お前は私を倒した男なのだ。

お前との戦いを誇りたいのだ」と。

ラーメンマンは「運が悪いとしか言えない状況」でキン肉マンに負けたのです。

 

ミート君はラーメンマンの言葉を

「運は努力したものの味方だと彼は言いたがっている」と解釈しました。

多少好意的に過ぎるきらいがありますが、

SBIが言いたいのもそういうことです。

 

勉強って、何がどう役に立つのかわからないから、

できることをやってみよう!というのがまとめです。

 

ではまた。

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

6/1(金)~9/30(日)の期間限定で、「夏だけタケダ」を実施中です!

8月末までにお申し込みいただくと、

入会金無料で武田塾の方法論を1カ月お試しいただけます。

詳しくはお電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ