8月も残りわずか…この夏のうちにやっておいてほしい3つのこと

こんにちは!

8月も後半に入り、札幌市は7月と比べると大分過ごしやすい気温になってきました。

全国的に見るとまだまだ猛暑が続いているかと思いますが、

涼しくなるのが早い分、夏休みの期間が他の都道府県より短いですね。

ということで、北海道ではほとんどの高校で夏休みが終わり

2学期が開始していることと思います。

 

さて、、受験生の皆さん、夏休みはしっかり勉強できましたか?

部活を引退したばかりで間に合うか不安・・・と、

まだ悩んでいるという人はいませんか?

 

今日は、この夏のうちにやっておいてほしい3つのことを

お伝えしたいと思います。

 

 

まず、現状把握について

 

当塾では、8月は受験相談がとても多かったのですが、

面談の際に「どうしたら間に合いますか」と聞かれることはよくありました。

今の時点ではどうか?このまま行ったらどうなるか?

といったことについてきちんと把握しましょう。

 

まず、(例えば)今やっているのが日大レベルなら

それがあと何週で終わるのか把握をする必要があります。

現状把握できていない人ほど勉強をやれていないケースが多いです。

現状把握の有無は影響大ですよ!

 

また、夏の時点で全科目は終わらないという人が大半かと思います。

どれくらい間に合っていないのかをきちんと把握しましょう。

 

次に、情報収集について

 

一度志望校の過去問を解いてみて、傾向や配点などを見てみましょう。

 

慶應のように英語だけで半分くらいの配点を占める大学もありますし、

自分の得意不得意のかたよりにあわせて大学を選ぶことで

勉強時間の調整も可能な場合があります。

 

ちゃんと情報収集して戦略を立てましょう。

 

最後に、基礎の完成について

 

8月末までに志望校1ランク下まで行くようにしようとお伝えしてきていますが、

もしそれが無理なら、基礎(日大レベル)を突破しましょう。

その突破も無理ということであれば、

実践演習前の基礎知識を完璧にする必要があります。

 

まるで基礎が完成していないのなら、

「あの科目は苦手・・・」じゃ許されないレベルです!!

 

最悪、実戦演習に入れるレベルでも良いので、

この夏の間に基礎の完成をしてください。

 

まとめ

 

志望と戦略が一致していない生徒は割と多いです。

 

現状把握

情報収集

基礎の完成

 

この3つを残り少ない夏でしっかりやりましょう。

間に合いそうにないなら戦略的に!

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

6/1(金)~9/30(日)の期間限定で、「夏だけタケダ」を実施中です!

8月末までにお申し込みいただくと、

入会金無料で武田塾の方法論を1カ月お試しいただけます。

詳しくはお電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ