【教務ブログ】受験勉強と社会

こんにちは。教務を担当しているXです。

今日は「受験勉強と社会」をテーマに話したいと思います。

 

 

ここで言う「社会」とは、社会科のことではなく、一般社会のことです。

皆さんも一度は思ったことがあるはずです。

「なぜ勉強をしなければいけないのか」と。

もしくは「これは何の役に立つのか」もそうです。

 

筆者も、化学は中学で習う炎色反応が覚えられずにやめましたし、

生物も心房と心室の位置関係がどうしてもおぼえられなくてやめました。

数学は受験で必要だったので、ある程度は解けるようにはなりましたが、

複素数の意味はいまだに分かっていません。

 

「でもちゃんと社会に出てるんでしょ?」という声があるかもしれません。

確かにそれはそうなのですが、社会が課す要件を満たしているかと聞かれれば、

そうでもないような気がします。

 

では、社会は受験勉強や、その先にある例えば入社試験や公務員試験に

何を求めているのでしょうか?

 

それは、「嫌なことを我慢できる能力」です。

フリーライターの鶴見済はこれを「ドリル」と呼んでいます。

 

大学時代を遊んで暮らして国家公務員試験のⅠ種に受かるわけがありません。

受かる人は、大学時代にも学校の講義を受けるだけでなく、

ダブルスクールで公務員受験専門予備校に通うわけです。

 

結論としては、「大学受かったらゴールじゃないよ」ということです。

人生はまぁまぁ長いです。ベストをなるべく尽くしましょう。

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

お電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ