自分の手を動かす勉強

こんにちは!

今日は「自分の手を動かす」ということについてお話しします。

 

 

「受験生は手を動かせ!」と言われたことや読んだことはありませんか?

勉強時間には大きく2つあります。

 

「自分で問題を解く時間」「解答や解説を読む時間」です。

 

インプット重視の勉強をしている受験生の失敗パターンとして多いのが、

「解答や解説を読む時間」が長く、自分が解けるように実践しない勉強法です。

ある問題集に取り組んで、解説を読んで、

「できたつもり」になってしまうということです。

 

解説を読んで、その考え方を再現できるようになって、

他の問題でもできるようになることが重要なのです。

 

勉強の最終目標は「自分で解けるようになる」ことであり、

「解説を読んでわかった」はこれとイコールになりません。

 

理解したら、必ず自分で解けるか確認して、解ける状態にしましょう。

これが「自分の手を動かす」ということです

自分でやり直した時に、思わぬところでつまずくかもしれません。

その時にもう一回考える時間が、実際の問題に活きてくるはずです。

 

そしてもう一つ、大事なポイントとして、

普段の勉強から「本番は初見」ということを念頭におきましょう。

 

常に本番を想定して、勉強に取り組むようにしましょう。

解説に乗っている理想的な解き方を、

本番でできるような意識を持って、取り組んでみてください。

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

お電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ