英語の長文、どっちから読む?

こんにちは!

今日は英語長文の解き方についてお話しします。

 

 

英語長文の問題を解くときに、皆さんはどこから読みますか?

 

最初に考えられるのは「長文⇨設問」vs 「設問⇨長文」のパターンです。

 

オススメしたいのは「設問⇨長文」です。

 

設問を先に読むことで、長文の内容の予想をつけることができます。

さらに、テーマを理解できることによって心構えができるので、

長文を読み進めやすくなります。

 

以上の「読みやすくする」という効果に加えて、

設問をはじめに読んでおくことは「解きやすくする」という効果も持っています。

 

先に設問を読んでおくことで、どこから答えを探せばいいのか、

目星をつけることができるので、時間のロスを減らすことができます。

 

次に考えられるパターンは「選択肢まで見る」vs「選択肢は見ない」!

 

オススメは「場合によっては読む」です。

 

間違っているものを選ぶ問題では、

解答になるもの以外の選択肢は文の要約になっています。

 

すなわち、長文の内容のヒントになるということです。

 

今回は以上です。

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

お電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ