【教務ブログ】確認の重要性

こんにちは。教務のSBIです。

今日は確認の重要性についてです。

 

 

受験シーズンの最高潮と言えば、やはり合格発表でしょう。

かく言うSBIもこの時だけはピリピリしていたと思います。

家から合格発表の掲示板(まだインターネットが浸透していない時代です)までは、

歩いて15分程度の道のりでした。

到着までに、何人かの人とすれ違いましたが、

泣きながら電話をしている人ばかりだった気がします。

しかも確実に嬉しくない涙を流しながら、親御さんと思しき人に電話していました。

これはさすがにこちらのテンションも下がりました。

自宅の斜め向かいに女子学生寮があるのできっとそこの住民たちだったのでしょう。

 

さて、掲示板前に到着です。受験票には当然受験番号が書いてあります。

これを掲示板から探し出すわけです。

なぜかちょっと余裕をもって、人が少なめの時間に出立したつもりだったのですが、

まだまだ賑わっていました。

なにせアメフト部が胴上げやってますんで。

とにかく、受けた学部の定員がたしか160人くらいで、

自分が受けた時の正確な数字は全く知らないのですが、

毎年大体3~4倍の倍率でした。

何倍か全く気にしなかったのは、

「倍率がいくつだろうと、要するに上から160番以内になればいいんだろ」

という開き直りからです。

 

というわけで、160×4で640人くらいいる。

となると、受験番号は下3桁だけ覚えてればいいやと思いつつ家を出たので、

仮に私の受験番号を425とすると、「425!425!」という心境で探してみました。

 

 

ありませんでした。

 

 

あれ!?と思いちょっと離れたところで座り込み、

「うわー」とか「これからどうしよう」とか考えてみました。

人生で一番の衝撃だったような気がします。

だって余裕で受かると思ってたわけですからね。

そこで鬱々としながら、改めて受験票を見ると、数字の前にBと書いてありました。

「ん?」と思いました。なぜなら、

さっきからずっとAとか書いてあるところを見ていたような気がしたからです。

 

そこで、今まで見ていた掲示板の少し右側の方を見てみると、

Bと書いてあります。近づいてみました。

 

ありました。

425。

胴上げされました。

425。

親が泣きました425。

30分ぐらいで飽きました。

425。

人生最大の一人ドッキリを繰り広げました。

 

AとかBは、恐らく受験科目の違いかと思います。

とにかく、何事も確認が大事だということです。

世の中に絶対はないのでね。

 

テストを見直す時間があれば、見直しましょう。

それで数点変わることもあります。

それで人生が変わることもあります。

レッツ確認。

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

お電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ