続アウトプット

こんにちは!

今日はインプットとアウトプットについて、

以前の続編になる内容として記事を書いてみました。

 

 

前回、インプットをしっかりやることが大切であるということを書きました。

とは言っても、注意しなければならないのは

アウトプットも同様に大切であるということです。

 

入試はアウトプットの作業ですから、

問題を解いてその形式になれる必要があり、

また実際に問題を解いて見なければインプットの未完成な点が見えてきません。

 

インプットをして、点を取ることができる段階まで持っていかないことには

意味がありません。

また、アウトプットをインプットと同じ方法でやる、というのも失敗の元です。

 

例えば、過去問を解いて、その答えをインプット(つまり暗記)して、

次からその問題で合格点を取ることができるようになっても、

実力アップには繋がりません。

 

インプットはあくまでアウトプットの事前段階です。

実際にアウトプットしてみないと、

出題のされ方や知識の使い方がわからないところもあります。

 

オススメの手段として、インプットを分野ごとに区切って、

インプットが終わって点が取れるところから

アウトプットを始めてしまうというという手段があります。

 

勉強につまずいた時に、この手段をとってみると、

アウトプットのためのインプットのコツがわかるようになるので、

お勧めしています。

 

アウトプットの時には、何が理由で間違ったのか、

本当に初見で解くことができるのか、を念頭において取り組みましょう。

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

お電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ