過去問の答えを見てもわからない

こんにちは!

今回はこの時期の過去問の取り扱い方についてお話しします。

 

9月に入ったら実力把握、傾向把握のために

志望校の過去問に取り組むのがおすすめ、という記事を以前書きましたが、

その過去問をどうやって処理するか、困っていたら読んでみてください。

 

 

というのも、この時期に志望校の過去問を解いたところで、

志望校の試験範囲を完全に終わらせているわけではないので、

復習しようがないと思うからです。

 

この場合は、復習は後回しにしても大丈夫です。

解けるようになるための実力がまだ伸び切っていない時期ですので、

今は「実力足りてませんでした」がわかればOKです。

実力が足りるようになったら身につけ直せばいいのです。

 

模試などもそうですが、いまの実力を図るためのテストでは、

その時点までに身につけてきていない範囲を解くことはできません。

そのような問題を無理やりできるようになるとしたら、

「気合いで引き上げる」か「間違った勉強法になる」の2択になってしまいます。

 

間違った勉強法として、理解をせずに答えの暗記をしてしまうのが

一番あるあるかつ厄介です。

 

志望校の過去問をいま解くことができなくても焦らずに、

いまやっている参考書を終わらせること、

志望校の1ランク下の過去問はしっかりできる実力をつけることなどを意識して、

勉強をしましょう。

 

気持ちの焦りがいちばんの敵です。

着実に実力をつけられる勉強法で、合格を目指しましょう!

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

お電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ