マークでできるのに記述でできない現代文

こんにちは!

今日は現代文の記述問題についてお話しします。

 

 

センター試験対策のマーク問題は解けるのに、記述になると解けない!

なんてことはありませんか?

 

その原因はもしかすると、

「マークと記述を全く別物として考えている」ことかもしれません。

マークと記述は実は、同じ作業なのです。

 

記述問題とは、

「設問があり、その答えを本文から探し、本文の言葉を組み合わせ、解答を作る」

ものです。

 

一方、マーク式の解き方は

「設問があり、その答えの根拠をなる部分を本文から探し、一致する選択肢を選ぶ」。

 

なんと「設問があり、その答えの根拠をなる部分を本文から探す」

までは記述でもマークでも同じ作業なのです。

 

マークができるのに記述ができない原因は、

解答が含まれている選択肢の中から

「これかな〜?」と探っていることにあると考えられます。

 

そのフィーリング戦法では記述力が身につきません。

マーク式の勉強をするときにも本文から根拠を探すことを

意識して取り組みましょう。

 

問題集選びなど、困ったことがあればいつでも受験相談にいらしてくださいね。

 

 

武田塾札幌校では、月~土までいつでも受験相談を受け付けております。
志望校の話、文系理系、選択科目、何でも悩みや相談にお応えします!!
ぜひ、受験相談にお越しください!

6/1(金)~9/30(日)の期間限定で、「夏だけタケダ」を実施中です!

8月末までにお申し込みいただくと、

入会金無料で武田塾の方法論を1カ月お試しいただけます。

詳しくはお電話またはメールフォームにてご予約ください!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
札幌で逆転合格を目指すなら
日本初!授業をしない塾【武田塾札幌校】

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目1-1
東カン札幌駅前ビル4F
(札幌駅北口向ファミリーマートのビル)
TEL 011-299-1576
MAIL:sapporo@takeda.tv
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

サブコンテンツ